2013年12月24日 (火)

メリクリ~

ブログってゅうのゎ。。

日記風ホムペのコト。。。

でもゥチは。。。

その日記をつけわすれてたってゅうか。。。

ブログの存在自体わすれてた。。。。

そぅ。。これゎもぅ。。。

ボケ老人。。。

もぅマヂ無理。。。

青魚たべょ。。。。


【閲覧注異】2巻。。。

ハツバイチュウ。。。。

ゥチと。。読者ちゃんは。。。

ズッ友だょ!

| | トラックバック (0)

2013年6月22日 (土)

掲載情報(4)

どうも。しがない原作者、阿鬼乱太(=森一生)です。
「しがない」といっても「儂は髪の毛が少ない」の略ではありません。

「あれぇ~…森しぃ☆の時計、止まっちゃってる…」
仕方がないので、ハンダを全部やり直し。
Dsc02113
一応点いた。
ハンダ不良って、コテの温度が高すぎても駄目らしいですね。
そんな基本知識も無い上、テスターすら持っていないおれに
電子工作など十年早いということでしょうかね。

掲載情報です。
秋田書店ヤングチャンピオン 2013年
No.12 第10話 「うつろばこ」
No.13 第11話 「出・て・け!」
No.14 第12話  「水をください」

そして7月8日、【閲覧注異】1巻 発売です!
当企画の原点を記録した「キドコロメモ」」も収録。
これからの季節に必携の一冊、ぜひお買い求めください…

| | トラックバック (0)

2013年5月20日 (月)

~つまらない虫の話でもしよう~「脚までくるりと巻いていた」

正確にはその祖先がわかっていないという「昆虫」ー。いわゆる進化のミッシングリンクですか。我々脊椎動物とはあまりに違うその体裁に、宇宙からやってきた説もあるようで。

春、桜が散った頃にニョッキリと現れる昆虫、ナナちゃんことナナフシモドキ。
モドキ、とは言っても、これがナナフシのスタンダードモデル。なぜにナナ「ちゃん」かといいますと、ほぼすべてが女の子、雌だから。そう、彼女たちは単為生殖つまりクローンで殖えてゆくんですね。
コチラが今年撮った初令幼虫。
Dsc01984
・・くっ、うちのデジカメ、マクロがダメダメ…
そんな時には虫めがねで手動光学ズーム!
当然ピントは合いませんが、何枚も撮って1枚くらいアタリがあるのを期待…

ナナちゃんが凄いなあ、と思うのはその徹底した植物への擬態ぶり。
種子(もしくは青虫の糞)みたいな卵から、芽吹くように孵化。かつて私が飼っていたヤツは、孵化直後は桜の花びらをモリモリ食べておりました。その歩行スタイルは、まるでゆらゆらと風に揺れる小枝のよう、静止姿勢は「¥」でなく「キ」みたいに前脚を閉じるんだけど、グッとくるのは前脚の付け根のオフセット構造!
Nana1_2
わーい
(バックに見えるのは飼育ケースとして使っていた百均の不織布衣料袋)

これで頭と干渉しないようになってるんですね~ どうです!この神デザイン。この虫唯一のデザイン上の「遊び」と思われる子鬼のような角もプリチー、ゴッドデザイン賞決定です。

さらに!ナナフシは外敵に襲われたり、ちょっとした衝撃を受けたりすると脚を自切、数回の脱皮を経て再生するんだけど、その再生中の脚がまるで植物の「つる」みたいにクルッと巻いているんですよね。なにかの都合でそうなってるだけなのかもしれないけど、凝り性のナナちゃんのこと、これも擬態の一環かと深読みしたくもなるのです。

ところで「第9地区」という映画に出てきたエイリアン、アレを初めて見た時に、私なんとなくナナフシを思い出したんですよね。エビというより虫だし。ううむ…やはり昆虫は宇宙から…

| | トラックバック (0)

掲載情報(3)

初カキコども~…じゃねえ!
裏庭らしく、いい具合にペンペン草も生えてまいりました。
ちょいと郷里の名古屋に帰ってリフレッシュも出来ましたし
(この心理的効果をエビフライ・エフェクトとでも命名)更新です。

秋田書店ヤングチャンピオン 2013年
No.8 第6話 「捜索!がんぼう岩カレンダー」
No.9 第7話 「骸骨レコード」
No.10第8話 「人間消失」
No.11第9話 「日本売ります」

がんぼう岩で思い出したけど、先日ふらっと入ったデパートの
北海道物産展で「マルセイ バターサンド」を初購入、食す。
んま~い!何これ!!
でもこれ、賞味期限が結構短く設定されてるのね。
きっとカロリー高いから(笑)日持ちがすれば非常食に良さそうなのに…

| | トラックバック (0)

2013年3月12日 (火)

「くねくね」

ヤンチャンNo.7【閲覧注異】 P272上段、
献本にセリフの写植もれがありましたので、ご報告。
正しくは以下の通りです。
Eturan1
(ロケ地は実際のものと名称を変えてあります)

ネーム(絵コンテ)の描き方については、作家さんそれぞれですが
私はわりと(時間があれば)キッチリ描くほう。

Eturan2_2
こんな感じ。

本当はテキトーな棒人間でも「うおっまぶしッ」とでもセリフを入れとけば、
ちゃんと漫画家さんの方がフラッシュを描いてくれるんですがね。
原作者があまり完成イメージを押し付けてしまうのは、漫画家さんには
却って迷惑なんじゃないかな、と解ってはいるんだけど。

| | トラックバック (0)

2013年3月11日 (月)

掲載情報(2)

「禍霊ドットコム」の頃新調したPCも、そろそろ買い替え時。
だけどWINDOWS 7や8って、なんか使いにくそう…
使用中のVistaの起動音も「おまっとさん~」と聞こえて愛らしいしなぁ。

秋田書店ヤングチャンピオン 2013年
No.6 第4話 「インターミッション」
No.7 第5話 「くねくね」

皆様いつもご愛読ありがとうございます。
感想、体験談、苦言など、どしどし編集部に送っていただけると
うれしいです!

| | トラックバック (0)

2013年2月21日 (木)

新刊情報(1)

電子書籍の最大手、Booklive!からサスペンスブラックコメディ
「迷宮のアリスリドル」、出ています。
専用のリーダーが必要なんですが、PCの環境によっては
うまく動作しないとの報告が複数の友人からありましたので
まずは「試し読み」などでご確認ください!

商品ページはこちら

元々はK談社の「禍霊ドットコム」の続編企画だったこの作品、
まだネームが余っているので、いずれかのタイミングでまた
描ければと思いますが、どーなることやら・・・

| | トラックバック (0)

掲載情報(1)

ヤングチャンピオン2013年
No.3 第一話 「ヒーロー現象とは何だったのか?」
No.4 第二話 「発見!ゴールデンアップル」
No.5 第三話 「消えたレトロゲーム」

概ね好評連載中です・・・

ココ数日、所謂ぎっくり腰で難儀しました。
もともと頚椎症&腰痛持ちではありましたが、寝返りも打てないのは初めて。
移動もorz姿勢でハイハイするしかないので、体中ホコリだらけ。
(ネームやってたので、掃除をさぼっていた)
おかげで床はキレイになりました。
おれはルンバか。

| | トラックバック (0)

2013年1月30日 (水)

ペンネーム

担当「ネームの直し、そろそろ出来ました?」
おれ「もうちょい・・すぐ出来ますんで・・・(汗」
担当「もうちょい、というと・・夕方くらい?」
おれ「ん~・・もうちょい・・かな・・(震え声)」

How soon is now?

「森一生」の由来はMorrissey、などと今更言っても・・・

| | トラックバック (0)

阿鬼乱太と森一生のこと

講談社刊「釣りにいこうよ!」「釣りにいこうぜ!!」「禍霊ドットコム(原作)」
BookLive COMIC LIVE! COMIC「迷宮のアリスリドル」など描いてます。
現在、秋田書店ヤングチャンピオン「【閲覧注異】」を連載中・・・

釣り好き・UMA好き・酒好き。
老舗UMAサイトの掲示板に時々出没します。

| | トラックバック (0)